地域おこし協力隊インターンとは?

地域おこし協力隊の人材確保と受入後のミスマッチ防止等を目的として、
地域おこし協力隊希望者が実際に現地で活動しながら、
地域やミッションに自分がマッチしているかをお試しできる制度です。
また、協力隊に限らず、地方移住を考えている方が
田舎暮らしを体験することを目的に参加することも可能です。

(※1)ただし、参加にかかる費用(宿泊費や現地までの交通費、保険等)は参加者ご本人に負担していただきます。
県から参加者への報償費として、1人1活動日あたり1.2万円をお支払いします(最大10日分120,000円)。
宿泊先については、斡旋も可能です。

インターン募集市町村

※募集ミッション数は市町村により異なる。

地域おこし協力隊インターンはどうやったら参加できるの?

このサイトの参加市町村から募集情報を確認してください。
活動内容や開催期間は各自治体によって異なります。
インターン概要
応募はこちらから
必要情報を入力してください。
事務局による選考(応募情報などを踏まえてオンライン面談の実施)の結果、参加が決定します。
訪問前に、事務局・参加者・受入市町村にて顔合わせを行います(オンライン)。
各自治体から、委嘱状の交付により、「地域おこし協力隊インターン」として委嘱を受けます。
もう少し詳しく話を聞いてから検討したい方には、オンライン募集説明会への参加をオススメします。
各市町村担当者が募集ミッションや地域のことを紹介します。
募集説明会への参加はこちら

地域おこし協力隊とは?

地域おこし協力隊とは、都市地域の人材を過疎地域等に積極的に受け入れ、地域協力活動を行ってもらい、その定住・定着を図ることで、意欲ある都市住民のニーズに応えながら、地域力の維持・強化を図っていくことを目的とした制度です。
地域協力活動は、地域ブランドや地場産品の開発・販売・PR等の地域おこしの支援や、 農林水産業への従事、住民の生活支援といった、その地域が抱える課題解決と望む未来につながるものと言えます。スキルを活かした地域貢献とともに、都市部の人材が持つさまざまなニーズ(起業、田舎暮らしなど)を叶える手段のひとつとして、地域おこし協力隊制度を活用した地方移住人口は年々増加しています。

インターン参加のメリット

こんな方におすすめ

地域おこし協力隊に興味があるが、まだどこの市町村にするか決めていない/地方で働いたり、地域貢献などの仕事に興味がある/高知の暮らしに興味があるが、仕事をどうするか悩んでいる

募集説明会の様子

高知県

室戸市

土佐市

大川村

大月町

津野町

田野町

奈半利町

参加市町村紹介

Q&A