高知家地域おこし協力隊募集セミナーオンライン

地域おこし協力隊って?

地域おこし協力隊とは、都市地域の人材を過疎地域等に積極的に受け入れ、地域協力活動を行ってもらい、その地域への定住・定着を図ることで、意欲ある都市住民のニーズに応えながら、地域力の維持・強化を図っていくことを目的とした制度です。
地域協力活動は、地域ブランドや地場産品の開発・販売・PR等の地域おこしの支援や、 農林水産業への従事、住民の生活支援といった、その地域が抱える課題解決と望む未来につながるものと言えます。スキルを活かした地域貢献とともに、都市部の人材が持つさまざまなニーズ(起業、田舎暮らしなど)を叶える手段のひとつとして、地域おこし協力隊制度を活用した地方移住人口は年々増加しています。
高知県では、地域の活性化や担い手確保のために、地域活動の推進役となる人材として「地域おこし協力隊」の導入を積極的に支援しており、令和2年6月1日現在、県内30自治体で計191名の隊員が活動中です。これは全国で3番目の隊員数を誇ります。

また、海・山・川の豊かな自然を擁する高知県では、特産品プロデュースや観光資源の発掘、鳥獣対策や林業による里山保全といった環境課題だけでなく、土佐和紙など、伝統・技術の継承といった文化に由来するものまで、その活動が多岐にわたっていることからも、移住・交流コンシュルジュによる個別相談などの受入体制と合わせ、協力隊候補者の持つ想いやスキル、憧れの生活など、地域で実現させたいニーズに応えることができているという点が、全国と比べて高い導入率、隊員数となっている理由の一つとしてあげられます。

地域おこし協力隊って
どうやったらなれるの?

制度紹介

地域おこし協力隊募集セミナーに申込む

このセミナーは

そんな方にオススメのセミナーです。現役の地域おこし協力隊の皆さんの話をたくさん聞きながら、気になることはその場で質問できます。オンライン開催なのでお気軽にご参加ください。

Time Scheduleタイムスケジュール

10:00
開会
地域おこし協力隊の制度紹介
移住コンシェルジュによる高知県の紹介
10:15
市町村担当者による募集内容紹介
10:40
先輩協力隊によるミッション別トークセッション
農業、移住・情報発信、地域活性化全般のミッション別に先輩協力隊が仕事のこと、暮らしのこと、街のことについてありのままにご紹介します。
11:40
先輩協力隊とのオンライン交流会【当日希望制】
トークセッションの後、希望者は先輩協力隊に相談できます。
※場合によって複数名での相談になります。
13:00~16:00
個別相談
※事前予約優先になります。(当日予約可能)
各市町村担当者と具体的な制度や待遇のこと、
移住全般のことなどをご相談頂けます。
16:00
閉会

※個別相談は事前予約優先(当日予約可能)

地域おこし協力隊募集セミナーに申込む

参加市町村
(募集内容紹介)

室戸市

室戸市では現在4名の隊員が活動中。令和2年度は全国最大13名の協力隊を募集!募集業務は集落活動支援として、イベントの企画や自らの定住に向けたナリワイ作りの活動をしたり、ふるさと納税の新規返礼品の企画や立案、商業振興として、商店街の空き家調査やSNS等による地域の情報発信。その他、観光PRやECサイト運営強化による活動と多岐にわたります。

こんな街!
室戸市は世界ジオパークにも認定され、特色ある産業や資源が歴史を刻みながら刻々と受け継がれています。
こんな人
待ってます!
決まったスキルはなくても大丈夫!まずは明るく元気な方を募集しています。できれば海好きな人ならなお良し!

大川村

大川村では9つのミッションで募集中。むらづくり業務(フリーミッション) 、村の特産物でもある「土佐はちきん地鶏」や「大川黒牛」の飼育技術の習得を目指す畜産業従事者、栄養士、物産販売や調理・経理・企画・運営などを行う集落活動センター事業従事者、観光業従事者、保育士、自伐型林業の普及に取り組んでいくための林業従事者、地元農家との交流等を行う農業従事者、地域の保健福祉業務など多数あります。

こんな街!
四国の中央部、吉野川の源流と四国山脈の懐に位置し、人口400人という離島を除いて日本一人口の少ない村です。地域外から活力ある人材を積極的に受け入れることによって、集落の活性化や、産業の振興における新たな展開を目指しています!
こんな人
待ってます!
自然が好きな方、人との交流が好きな方、新しいチャレンジをしたい方

日高村

特産品には、日本一の評価を受けた高糖度の「シュガートマト」があり、そのトマト栽培(就農)や、世界一薄い和紙などを持つ和紙産業の振興、中四国最大級の霧山茶園などでのお茶産業の振興、起業定住にかかる取組、ふるさと納税振興、日高村アーカイブにかかる取組、地域活性にかかる取組等多岐にわたるミッションを募集しています。

こんな街!
県都高知市より16kmに位置するほどよい田舎「日高村」。水質日本一に輝き、仁淀ブルーと称される「奇跡の清流仁淀川」では、屋形船の就航も始まり、自然探索のフットパスとともに村の豊かな自然を活かした観光にも力を入れています。
こんな人
待ってます!
日高村では自分自身がやりたいな!と思うことを応援できる仕組みを作っています。ぜひ一緒に地域を盛り上げてくれる方待ってます!

土佐市

現在募集しているのは2名。ミッションとしては、産業振興(地場産品を活用した商品開発<ふるさと納税返礼品>など)や、国際交流(技能実習生等と地域の人との関係づくり、外国文化等の教育振興など)、さらに情報発信(移住・定住や観光情報といった情報発信コンテンツの作成・編集など)を募集しています。

こんな街!
奇跡の清流と太平洋が広がる自然と文化が息づくまち土佐市。高知県の中核市である高知市に隣接し、「仁淀ブルー」と呼称されるほど美しい水質日本一の清流仁淀川の下流部に位置しています。
こんな人
待ってます!
地方でやってみたいこと、チャレンジしてみたいことがある方を募集しています。

越知町

農業振興に取り組む方を2名募集。業務内容は、薬草や山椒栽培の担い手になるためのものと、農業研修等を活用し作物全般について学び、農業の担い手として活動すること。その他に、地域活性化・環境保全に取り組む方を1名募集。各集落が取り組む行事等の支援、里山の保全活動、各集落の困りごと(道つくり、水源地の管理など)への支援などを行ってもらいます。

こんな街!
高知県の中西部に位置し、仁淀川・坂折川・柳瀬川の3河川が合流する、自然の神秘と歴史浪漫あふれるまちです。
こんな人
待ってます!
農業振興を担ってくれる隊員を募集しています。農業に興味があり、体力に自信のある方はぜひとも越知町へ!

佐川町

自伐型林業の推進と実践、発明ラボの運営の2つのミッションで7名程度の協力隊を募集しています。自伐型林業は未経験者や女性でも可能で、佐川町が先進的に実施してきた持続可能な森林整備に必要な知識と技術の習得に取り組めます。さかわ発明ラボの業務としては、高知県では珍しいデジタルファブリケーション機器を活用したり、ものづくりを楽しんで取り組める方に最適です。

こんな街!
高知県中西部に位置する人口約1万3,000人の町。造り酒屋の酒蔵や商家を中心とした歴史情緒溢れるまち並みが、いまなお残っています。
こんな人
待ってます!
心身共に健康で、誠実な方、好奇心を持って業務に取り組める方、地域住民と協力しながら、地域を元気にするために精力的に行動できる方、真摯に人の話に耳を傾けられる方歓迎します!

須崎市

来年4月からの着任として募集しているのが2名。ミッションは須崎市立スポーツセンターカヌー場を活用した海洋スポーツ・海洋レジャーの推進に関わること全般になります。施設の管理や国内外からのスポーツ合宿の受入れのほか、自ら進んでイベントの企画などに広く携わってもらいます。カヌー経験者歓迎!

こんな街!
高知県の中西部に位置し、南に広がる太平洋、まちを流れる新荘川では、日本で最後にニホンカワウソが確認されています。伝統的な漁師町でタイやハマチの養殖が盛んです。高知市からも高速道路で30分程度で、中心部には生活に便利な店がそろっており、郊外には大型量販店もあります。
こんな人
待ってます!
好奇心旺盛で、海洋スポーツ・海洋レジャーを通じて自分自身の成長のために進んで人とつながり、地域の成長のために人と人、人と地域をつなげる意欲のある方。

大月町

大月町では8名を募集中。ミッションはリニューアル予定の道の駅を一緒に作るローカルイノベーション担当や、テクノロジーを活用して町の課題解決を一緒に考えるICTソリューション担当、町のイベントをより面白くする、イベントプランニング担当、共創型コミュニティスペース担当、林業プロモーション担当、スポーツプロモーション担当、応募者提案型フリーミッション等多数あります。

こんな街!
高知県の西南端に位置する大月町は、1次産業が盛んな町。高知県唯一、町内に漁場を有したマグロの養殖業が全国的に注目を集めています。
こんな人
待ってます!
適性や自慢できるスキルがなくても構いません。あなたの「人の役に立ちたい」という想いを尊重します!

Gest
当日参加の先輩協力隊紹介

移住・情報発信

石川 和洋さん

居住地大月町 出身地千葉県佐倉市

現在のミッション

シティプロモーション

プロフィール

都内ホテルでフランス料理を学び、綺麗な自然がある場所に、自らが運営するグランピング場を作りたいと思い地方移住を考えました。大月町の情報発信というミッションが、「自然の良さを伝える」という、将来やりたい事と合致していたため、大月町協力隊に応募しました。

隊員になろうと思ったきっかけ

自然の心地よさを多くの方に伝えたいと思ったため。

隊員になって1番嬉しかったこと

フレンチを振舞った時に「感動しました!」と言われたこと。

なぜこの市町村に決めたのか?

大月町の自然が今まで見た中で一番美しかったので決めました!

協力隊希望者へのメッセージ

自分がやりたい事を明確にしておくと、活動内容が充実すると思います。

  • 高知県黒潮町の蜷川地区でフレンチフルコースを振る舞いました
  • 大月町と蜷川地区の食材をコラボしメインの鶏料理を作りました

移住・情報発信

橋本 信幸さん

居住地大月町 出身地千葉県市川市

現在のミッション

移住相談員

プロフィール

橋本信幸です。千葉県市川市出身で46歳です。五年前から夫婦で大月町の龍ケ迫地区に住んでいます。ここの素敵な自然の近くで、毎日のんびり楽しく生活がしたくて移住してきました。元地域おこし協力隊で現在は移住相談員、夏の週末は自宅で古民家カフェをやっています。

隊員になろうと思ったきっかけ

地域の方達と仲良くなりたいと思ったことがきっかけです。

隊員になって1番嬉しかったこと

活動を通じて沢山の繋がりができたこと。

なぜこの市町村に決めたのか?

素敵な自然の近くで毎日のんびり楽しく生活がしたかったので決めました!

協力隊希望者へのメッセージ

自分をよく知ってもらって、やりたいことのビジョンをしっかり伝えることが大切になってくると思います。

  • ヒガシヤマという特産の干し芋用のさつまいも作り
  • 小学校でヒガシヤマの作り方の授業

農業

上野 勝志さん

居住地大川村 出身地広島県

現在のミッション

農業

プロフィール

ドラッグストアを退職後、カナダにワーキングホリデーへ。帰国し広島県から高知県大川村へ地域おこし協力隊として移住。農業の経験は多くないが、地産地消の給食に力を入れているこの村で、食を通して子供たちに新たな発見をして貰えるよう日々奮闘中。

隊員になろうと思ったきっかけ

職探しをしていた時に「地域おこし協力隊」という、全く聞いたことがない働き方に興味を持ったためです。

隊員になって1番嬉しかったこと

村民の方々が数回しかお会いしていないのに「ご飯はどうしている?」「困りごとは無い?」と色々心配してくれたことです。

なぜこの市町村に決めたのか?

自分が思っていた「未経験の事に挑戦したい」「地域の為に働きたい」「行ったことの無い地域に行きたい」という事に合致したためです。

協力隊希望者へのメッセージ

迷っているなら質問を、決断したなら行動を。山に囲まれ、道路を走れば木々と川しかないけれど、いろんな人が暮らしています。渓流釣り、登山、BBQ、キャンプ、狩猟、畑、ソフトバレーボール、フットサル、バドミントン、村民参加の運動会、消防団、青年団、星空観察…いろいろできます!

  • メイン活動の他、登山ツアーのサポート等もよくあります。景色が良く風も気持ちいいので日々の疲れをリフレッシュ!
  • メイン活動の野菜栽培、ビニールハウス内は暑いです。猿が侵入したり、水が止まったりハプニングはありますが、納得のいくものが出来た時は嬉しいです。

移住・情報発信

前田 梓さん

居住地日高村 出身地奈良県

現在のミッション

ふるさと納税業務

プロフィール

前職でECサイトの運営を行っており、結婚を機に高知県へ移住

隊員になろうと思ったきっかけ

前職のスキルを活かし村に貢献できるのではないかと思い応募しました。

隊員になって1番嬉しかったこと

ふるさと納税の実績がわかりやすいくらいに伸びたことです。

なぜこの市町村に決めたのか?

市内へのアクセスもよく田舎すぎない田舎。トマトが好きなのでトマトの村だったことが決め手です。

協力隊希望者へのメッセージ

何か始めるときは不安がいっぱいで、自分にできるのかなーと思ってしまい、なかなか始められない人もいると思います。地域おこし協力隊の枠を使って、募集している業務をきっかけに是非地域との関わりを始めてみませんか!気軽に相談しにきてくださいね!

  • 協力隊はミッション別活動ですが、年に1回はまとまって土佐のおきゃく祭りに出展します。
  • 協力隊や協力隊の友人などに加え、地域住民と地域で暮らすことの実証実験を実施しました。

地域活性化全般

原賀 鮎子さん

居住地越知町 出身地神奈川県

現在のミッション

観光・イベントなどの支援や商店街の賑わい創出
町のPR活動(SNSの活用や動画作成など)

プロフィール

都心で接客業をしていたが、自分の人生がこのままでいいのかと思い、一人旅で高知へ。その時に仁淀川に一目ぼれし、田舎暮らしに憧れを抱く。

隊員になろうと思ったきっかけ

着任の3年ほど前に高知を旅行中、初めて仁淀川を目にした時「私はここで生まれたんじゃないか!!」というほど運命を感じて、この川沿いに住みたいなと。ただ、いきなり一人で田舎暮らしというのもさすがに不安で、まずは試しにと、ふるさとワーキングホリデーの制度を使い、農作業のお手伝いをしに来たのが越知町の農園でした。

隊員になって1番嬉しかったこと

周りからは「何だかいつも楽しそうだね」と言われるんですが、それも全部「人」のおかげだなと思ってます。地域のみなさんは何かと声をかけてサポートしてくれる反面、立ち入りすぎないというか、程よい距離感で。隊員同士も仲が良くて、役場の方々に相談しやすいのも有難いです。

なぜこの市町村に決めたのか?

ふるさとワーキングホリデーの制度を使って越知町に来た際に、ここの方が本当によくしてくださったのと、役場の移住相談員や協力隊の卒業生の方とも交流してご縁ができたことで、同じ年にもう一度同じ農園でアルバイトをしながら3週間滞在しまして。その約半年後に、協力隊に応募しました。

協力隊希望者へのメッセージ

チャレンジは絶対にした方が良いですよ! 挑戦して「失敗もできる」のが協力隊だと思うので!

  • 越知の山椒を使った商品を町の事業者さんと作りました。
  • 伝統行事「七夕」の準備で縄綯いを教わる。

農業

清田 健二朗さん

居住地越知町 出身地広島県

現在のミッション

農業者との交流・作業支援 農業技術の実習や経営ノウハウの習得
新規就農に向けた生産・販売等の実習

プロフィール

大学を出てから東京のIT企業で働いていましたが、30歳を前にして心機一転、農業の道へ進むことを決めました。

隊員になろうと思ったきっかけ

子どもの頃からものづくりは好きだったな、と一次産業が頭に浮かびました。でも趣味の釣りは仕事にしたくないから漁業はナシ、林業も何か違う、じゃあ農業?と。そこで就農の一手段として協力隊制度を初めて知って越知町に来ました。

隊員になって1番嬉しかったこと

疲れるし、決まった休みもなくて大変ですけど、面白いです!一年目は主に研修を受けて、今年は地元の農家さんたちに教えてもらいながら、自分でスイカ、トウモロコシ、ピーマンなどを試行錯誤しながら育てています。

なぜこの市町村に決めたのか?

①暖かい ②海に近い(釣りがしたい) ③対象作物が指定されていない(地域を知りながら、ゆとりを持って農業全般を学びたい) に合ったのが越知町でした。

協力隊希望者へのメッセージ

一日畑に出ていると体力的にきついこともありますが、自然に触れ合うこともできるので、日々充実した活動ができます。こんな私でも農業ができました!虫が多いですが、、(笑)

  • 原賀隊員にコスモス畑の開墾を教える。
  • 令和元年のスイカです!

移住・情報発信

辰己 奈津江さん

居住地室戸市 出身地神奈川県

現在のミッション

SNSやHPを使って移住に関する情報発信・フェアに参加・移住者のフォロー・空き家バンク・無料職業紹介

プロフィール

高校卒業後、ビューティーアドバイザーとして都内に勤務。自然派セルフケアや昔ながらの丁寧な暮らし方に興味を持つようになりスローライフに興味を持ちました。結婚後、夫が漁師を目指し一念発起したのを機に移住を決意。

隊員になろうと思ったきっかけ

地元の方々と交流を持ち、地域に早く馴染める機会が持てることと今までの仕事で得た接客のスキルを活かしながら自分のような移住者が移住する際の手伝いをしたいと思ったためです。

隊員になって1番嬉しかったこと

知り合いが一人もいない状況でも色々な人が温かく迎え入れてくれたこと。

なぜこの市町村に決めたのか?

夫がたまたま室戸で漁師の短期研修を受けた時に地元の人たちの温かさに触れ、ここでがんばってみようと二人で相談して決めました。

協力隊希望者へのメッセージ

協力隊の仕事は正解がありません。良かれと思って行動したことが独りよがりになることもあります。それでも、自分のアイデアやスキルを相手の希望やペースに寄り添わせながら一緒に活動することが出来たときには大きな喜びが得られるやりがいのある仕事です。

  • フェアでは移住相談も受付中!
  • SNSやHPで室戸の情報を発信中!

地域活性化全般

紙谷 朋晃さん

居住地須崎市 出身地香川県

現在のミッション

海洋スポーツPR

プロフィール

私立学校教師から転職しました。

隊員になろうと思ったきっかけ

前職では学生にしか影響を与えることが出来なかったが、起業を通して、影響力を高めようと思ったからです。また、海が好きで、ミッションも自分に合っていると思ったからです。

隊員になって1番嬉しかったこと

教育の世界で生きてきたけど、今までにない価値観をたくさん知れた時。

なぜこの市町村に決めたのか?

先輩隊員に話を聞いて、自分も働いてみたいと思ったからです。

協力隊希望者へのメッセージ

3年間はあっという間なので、計画性を持って活動してください。

  • 地元企業とタイアップしたクルージングツアーのガイド
  • 海外からのスポーツ合宿受け入れ時は、前職の経験を活かし、通訳も行います。

地域活性化全般

村澤 友輔さん

居住地佐川町 出身地神奈川県

現在のミッション

自伐型林業での独立に向けた技術
知識の習得

プロフィール

20代男性、趣味ボルダリングと観葉植物を育てること

隊員になろうと思ったきっかけ

転職を機に、自分の心に正直に居られる仕事がしたいと思った。

隊員になって1番嬉しかったこと

時間をかけて、住みたい地域を吟味できたこと。

なぜこの市町村に決めたのか?

町のバックアップ体制&勢い。

協力隊希望者へのメッセージ

林業一本では厳しいですが、収入源のある方やこれから探したい方はぜひ。

地域活性化全般

大道 剛さん

居住地佐川町 出身地神奈川県

現在のミッション

ものづくりを通して町を豊かにする

プロフィール

30代男性、趣味アウトドア

隊員になろうと思ったきっかけ

ミッションがおもしろそうだったから

隊員になって1番嬉しかったこと

居酒屋で町民にほめられる

なぜこの市町村に決めたのか?

人が豊か

協力隊希望者へのメッセージ

楽しまなければ、つまらない!!

農業

水谷 任佑さん

居住地土佐市 出身地東京

現在のミッション

土佐市内の耕作放棄地の開墾及び文旦の有機栽培

プロフィール

東京都出身。2019年4月、土佐市の地域おこし協力隊に着任。 土佐市内の耕作放棄地や、規模を縮小する地元農家から譲り受けた畑を活用し、文旦の有機栽培を手掛ける。母校である東京農業大学に設置された小学校の食育授業では、素材として自身が育てた文旦を提供するなど、都市部への土佐文旦PRにも奮闘中。

隊員になろうと思ったきっかけ

小さい頃から農業に関心を持っていて、大学・大学院では植物ウイルスの研究をしていたこともあり、親戚の住む茨城で8年ほど、野菜の有機栽培をやっていました。かなり悪戦苦闘する中で、現地の協力隊員からたまたま話を聞く機会があって。新規就農ではハードルの高い果樹の栽培も、協力隊制度を使えば挑戦できそうだと思い、東京で開催された県の移住フェアに「文旦、作れますか?」と話を持ち込んだのが応募のきっかけです。

隊員になって1番嬉しかったこと

僕が応募した時の市の担当職員さんには、協力隊担当を外れた後にもずっとお世話になっています。今住んでいる一戸建ても紹介してくれて、悩みを聞いてもらったり、ホームパーティに呼んでもらったり。協力隊の卒業生ともその方を通じて知り合えて、ありがたいですね。

なぜこの市町村に決めたのか?

高知、というか四国には、協力隊の面接を受ける時が初上陸でした。以前住んでいた茨城で、地元の地域おこし協力隊から直接、制度の詳細や暮らしぶりについて聞いていました。その後、東京での「高知暮らしフェア」に参加したことがきっかけです。文旦は子どもの頃に、たまたま食べた時の印象がすごく強かったんですよね。それに皮が厚くて保存性も高いので、多少病虫害で外が黒くなっても実は影響を受けにくくて、環境に優しい方法で育てるのに向いているだろうと。

協力隊希望者へのメッセージ

農業のことや、一次産業のことなど何でも聞いて下さい!

  • 傷があるものや生育が十分でない文旦の摘果中です。
  • 美味しい文旦ができると思うので期待しててください。

農業

中川 佳紀さん

居住地土佐市 出身地大阪府大阪市

現在のミッション

ネギ農家として独立、新規就農

プロフィール

農業の専門学校を卒業後、愛知県内にて2年間農業研修をしたのち、地域おこし協力隊に着任。現在は露地のネギ栽培について勉強中です。

隊員になろうと思ったきっかけ

協力隊制度を用いれば、就農という目標に向かって具体的に物事を進めることできると思ったからです。

隊員になって1番嬉しかったこと

協力隊担当の方をはじめ、地域の方々も自分のしたい活動について理解してくださり、困りごと等があれば積極的に動いてくれる点が嬉しいです。日々活動する中でありがたく感じています。

なぜこの市町村に決めたのか?

活動に対しての自由度が高く、自分の挑戦したいことが制限なくできる環境であったため。また、自然豊かで高知市に近い点も決め手の一つです。

協力隊希望者へのメッセージ

新たなことにチャレンジするときや環境が変わるときなどは不安がつきものですが、前に進むきっかけにこの協力体制度があると思うのでぜひ活用してみてください。

  • ネギ農家として独立するため現在修行中です。
  • 朝の9時ですが、ものすごく暑いです・・・。
地域おこし協力隊募集セミナーに申込む

高知ってどんなところ?

よくあるご質問からピックアップ!
“なぜ高知?”先輩移住者さんが高知県を選んだ「理由」をご紹介します!
ぶっちゃけ一番気になる!?
移住後に選ばれている仕事や移住される方が多い年齢層についてご紹介します!

地域おこし協力隊募集セミナー
に関するQ&A

Q.
協力隊についてあまり知らないのですが、参加はできますか?
A.
まだあまり知らない方から、実際に応募してみようかなと考えている方まで、幅広くご参加頂けるセミナーとなっています。
Q.
セミナーに参加するために必要なものを教えてください。
A.
パソコンもしくはスマートフォンやiPad等のタブレット、Zoomアプリ、カメラ(端末内蔵のもので可)が必要です。 周りの音を拾う環境の場合は、イヤホンやヘッドセットをご用意ください。
Q.
Zoomアプリをダウンロードする方法を教えてください。
A.
Zoomの公式サイトからアカウント登録とアプリのインストールを行ってください。
Zoomアプリをダウンロードする
ダウンロード後にはこちらのサイトより接続テストを行っていただくと確実です。
Zoomアプリの接続テストをする
Q.
地域おこし協力隊募集セミナーへの入室方法を教えてください。
A.
予約完了後に届くメール本文の「Zoomミーティングに参加する」というテキストすぐ下にURLが記載されています。URLをクリックすると自動的にZoomが立ち上がり、セミナーのルームに入室することができます。