募集中の市町村

活動内容や求めるスキル、雇用条件、報酬などの募集内容は市町村ごとに違いますので、その内容とともに、地域で達成させたい自分の目的を確認しながら、まずはそのイメージに合う市町村を探してみてください。

市町村側が求めるものや期待することと、協力隊として着任する側が持つ活動のイメージや叶えたい想いなどを、双方で事前にすり合わせることはもちろん、活動中もこれを行い続けることができる関係性を作れるかどうかが、充実した活動や生活のカギとなります。

候補地が決まったら、気になることは担当者にどんどん聞いて、互いのニーズや想いにズレがないかなど、焦らずにひとつづつ確認していきましょう!

オススメする着任までの道のり

  1. 自分(家族)の実現したい想いを確認する
  2. 募集内容を理解し、その想いと照らし合わせる
  3. 疑問点を関係者と共有する(電話やメールなど)
  4. 関係者と会い、つながりを作る(現地訪問やイベント参加など)
  5. 活動と生活イメージを具体化する(面接時の材料づくり)
  6. 面接に臨む

高知県(全34市町村)の募集状況

※募集期間について等、詳細は各市町村へお問い合わせください。

高知の地図

馬路村(うまじむら)

高知県馬路村は県東部に位置し、徳島県と県境を並べる山村であります。 主に、ゆずを中心とした産業が盛んで、ゆず製品としては、「ごっくん馬路村」や「ポン酢しょうゆ ゆずの村」などがあります。

 しかし、馬路村も全国の山間地域と同様に、後継者不足が大きな課題となっています。そこで、今回農協とゆず農家で営農実習等ができる者を募集します。

【現在募集情報はありません】

四万十市(しまんとし)

四万十市は、高知県の西南部に位置し、日本最後の清流四万十川の中流域から太平洋に至るまで、豊かな自然環境と文化に恵まれた地域です。

地域の将来を担う後継者・人材不足に対して、その担い手となりえる地域活動の協力者として活動を行える地域おこし協力隊の隊員を募集します 。

【現在募集情報はありません】

大川村(おおかわむら)

高知県大川村は、四国の中央部、吉野川の源流と四国山脈の懐に位置し、人口わずかに400人という離島を除いて日本一人口の少ない村です。地域外から活力ある人材を積極的に受け入れることによる集落の活性化や産業の振興における新たな展開を目指し、「地域おこし協力隊」を募集します。

  • 大川村で地域のために働いてみませんか?

須崎市(すさきし)

須崎市は高知県の中西部に位置し、南に広がる太平洋、 まちを流れる新荘川では、日本で最後にニホンカワウソが確認されています。伝統的な漁師町でタイやハマチの養殖が盛んです。高知市からも高速道路で一時間程度で、中心部には生活に便利な店がそろっています。
須崎市では、人口減少や高齢化が進行するなか、地域力を維持・強化していくため、地域外の人材を積極的に受け入れることにより、地域の元気づくり・地域活性化の新たな展開を期待して、「地域おこし協力隊員」を募集します。

【現在募集情報はありません】

日高村(ひだかむら)

県都高知市より16kmに位置する日本の、高知県の、ほどよい田舎「日高村」。水質日本一に輝き、仁淀ブルーと称される「奇跡の清流仁淀川」では、屋形船の就航も始まり、自然探索のフットパスとともに村の豊かな自然を活かした観光にも力を入れています。

中四国最大級の霧山茶園や世界一薄い和紙などポテンシャルは高い日高村で、一緒に課題や新しい取組みへチャレンジして村を元気にしてくれる「地域おこし協力隊員」を募集します。

土佐町(とさちょう)

土佐町は四国の中央部に位置し、日本三大河川「吉野川」の源流地域にあり、町内には西日本最大級の貯水量を誇る早明浦ダムや紅葉の名所の瀬戸川渓谷・アメガエリの滝、標高差・寒暖差を活かした棚田などの美しい自然に囲まれた町です。

土佐町の観光・交流を推進させるべく地域おこし協力隊を募集します。

【現在募集情報はありません】

北川村(きたがわむら)

高知県の東部に位置する北川村は、中央部を奈半利川が流れる中山間地域の村です。主産業は日本有数の生産量を誇る「ゆず」を中心とした農業や村面積の約95%を占める森林を活用した林業、北川村「モネの庭」マルモッタンや中岡慎太郎館、北川村温泉などによる観光産業となっています。

村の教育魅力化を一緒に手伝ってくださる方を募集します(特にICT支援できる方急募)

田野町(たのちょう)

田野町は四国で一番面積の小さい町ですが、さまざまな魅力がコンパクトにまとまっています。 気候は温暖で、降雪はほとんどなく、澄み渡る青い空や真っ青な太平洋、青々とした緑の山々や田園などの自然環境に囲まれています。

3年間の地域おこし活動後に、田野町内にて起業、就業する思いを持った方々の応募をお待ちしています。

越知町(おちちょう)

越知町は、高知県の中西部に位置し、仁淀川・坂折川・柳瀬川の3河川が合流する、自然の神秘と歴史浪漫あふれるまちです。

地域の資源の掘り起こしなど、新たな視点での働きから、地域力の維持・強化へ繋ぐとともに、越知町に定住し、起業又は就業を希望する「地域おこし協力隊」隊員を募集します。

【現在募集情報はありません】

安芸市(あきし)

安芸市は、高知市から東へ約40キロに位置する田園都市で、南は土佐湾に面し、北は四国山地を背にし、徳島県と接しています。

安芸市が未来にわたり持続、発展していくため、都市部の意欲ある人材を誘致し、新たな発想・知恵・力で安芸市の活性化を図るため「地域おこし協力隊」を募集します。

宿毛市(すくもし)

宿毛市は、四国西南地域に位置する人口約20,500人の市です。

  現在、農業振興(地域農業の実践とプロモーション事業)を担当していただける地域おこし協力隊を1名。林業振興(自伐型林業)を担当していただける地域おこし協力隊を3名募集中です。

仁淀川町(によどがわちょう)

仁淀川町は、高知県北西部に位置し、町内を流れる仁淀川は透明度の高さと光のハーモニーから「仁淀ブルー」と称され、奇跡の清流とも呼ばれています。

 この町が未来にわたり持続・発展していくため、地域おこし協力隊として活動をしていただく人材を募集します。 おまんに期待しちゅうぜよ!!

中土佐町(なかとさちょう)

中土佐

中土佐町は、高知県中西部に位置し、太平洋に面したカツオの一本釣りで有名な久礼地区を 中心とした沿岸部と、清流四万十川の源流域に位置する標高300mの農村地域である大野 見地区により構成される、海山川の自然豊かな地域です。

  • 「海の男」「起業」「森林資源活用」「米・酒造り」「フリーミッション」「文化財保護」いろ いろな隊員募集中!

いの町(いのちょう)

いの町は高知県のほぼ中央部に位置し、土佐和紙発祥の地として、水質ランキング上位 に名を連ねる奇跡の清流「仁淀川」とともに育まれてきた町です。

  • 山岳資源や食の資源を活用して地域を元気に!

【現在募集情報はありません】

黒潮町(くろしおちょう)

黒潮町は四国の西南部に位置し、美しい砂浜を美術館に見立てた砂浜美術館でのTシャツアート展や、全国有数のカツオ一本釣り船団を有する、雄大な自然と豊富な海洋資源に恵まれた町です。中山間地域を元気にする活動に興味があり、黒潮町に住んでみたいと思う方は、ぜひご応募ください。

【現在募集情報はありません】

土佐清水市(とさしみずし)

土佐清水市は四国の西南端に位置する、雄大な景観と豊富な海洋資源に恵まれた地域です。自然環境を活かした新しい産業の創出や担い手確保を目的として、中山間対策や地域の元気づくりに取り組む地域おこし協力隊の隊員を募集します。

  • 四国最南端・土佐清水!「緑の森づくり推進担当」

三原村(みはらむら)

三原村は、高知県の西南部にある、人口1,500人の昔ながらの田園風景や人の営みが残る静かで小さな村です。三原村では現在、県の絶滅危惧種に指定されているヒメノボタンの保護を自然公園にて行っており、また絶滅危惧種やその他山野草を観光資源として利用する取組みを実施しております。

室戸市(むろとし)

室戸市は、四国の東南端「日本八景の室戸岬」を突端とする半島です。世界ジオパークにも認定され、特徴ある産業や資源が、歴史を刻みながら脈々と受け継がれています。そんな豊かな自然や資源を活かし、室戸市の活性化や産業の振興につなげていくため、やる気と元気のある「地域おこし協力隊員」を募集します。

四万十町(しまんとちょう)

四万十町は、雄大な四国山脈を背に、南は青く輝く太平洋に面し、その中央を清流四万十 川が東から西へ大きく蛇行しながら流れる自然豊かな町です。四万十川の畔で地域のために働いてみませんか?

大月町(おおつきちょう)

高知県の西南端に位置する大月町は、1次産業が盛んな町民約5,000人の町。高知県唯一、町内に漁場を有したマグロの養殖業が全国的に注目を集めています。

本山町(もとやまちょう)

本山町は高知県の中央北部、四国山脈の中央部に位置し、町の約90%を森林が占める山間の町で、桜やシャクナゲ・ツツジ等の花々、吉野川でのアウトドアスポーツ、棚田など、自然豊かな町です。

佐川町(さかわちょう)

佐川町は、高知県中西部に位置する人口約1万3,000人の町。
造り酒屋の酒蔵や商家を中心とした歴史情緒溢れるまち並みが、いまなお残っています。

奈半利町(なはりちょう)

南国インターチェンジをおりて、海岸線をなぞりながら国道を東へ向かうと約50キロ。北東に野根山をのぞみ、起伏に飛んだランドスケープを特徴とする奈半利の町は、海、山、川と三拍子そろった見渡す限りの大自然郷。

大豊町(おおとよちょう)

国の宝を受け継ぐ山間のまち。大豊町は四国山地の中央部に位置し、面積は315.06平方キロメートルと広大で、約88%を山林が占めます。観光資源としては、「豊楽寺薬師堂(国宝)」、「日本一の大杉(国の特別天然記念物)」、「旧立川番所書院(国の重文)」、眺望の素晴らしい「梶ヶ森(県立自然公園)」「ゆとりすとパークおおとよ」などがあります。

土佐市(とさし)

奇跡の清流と太平洋が広がる自然と文化が息づくまち土佐市。高知県の中核市である高知市に隣接し、「仁淀ブルー」と呼称されるほど美しい水質日本一の清流仁淀川の下流部に位置しています。

芸西村(げいせいむら)

南は雄大な太平洋に面し、北を山々に囲まれ、年間を通して温暖な気候に恵まれた場所です。そのため、ビニールハウスによる施設園芸が盛んで、ナスやピーマン、花卉など豊富な特産物を持つ高知県内屈指の園芸農村です。

梼原町(ゆすはらちょう)

梼原町は町面積の91%を森林が占め、標高1455mにもなる雄大な四国カルストに抱かれた自然豊かな山間の小さな町です。四国カルスト高原は、全国的にも珍しい高位高原カルスト地形になっており、至る所に手付かずの自然が残り、晴れた日などには太平洋から瀬戸内海まで一望できます。

津野町(つのちょう)

津野町は、高知県の中西部に位置する面積197.85平方キロメートルの地域で、北部は東から佐川町、越知町、仁淀川町、愛媛県久万高原町、西部は梼原町、南部は西から四万十町、中土佐町、東部は須崎市に接しています。

高知県(こうちけん)

観光地域づくりの推進(・広域エリア内の観光動向の調査及び分析、地域へのフィードバック ・調査に基づく戦略(プロモーション、商品造成等)の見直し ・見直した戦略の事業計画への落とし込み ・観光事業者の支援(マーケティングに基づく磨き上げ支援)) ※勤務先は県内の広域観光組織(安芸市、佐川町、四万十市)

写真「提供:(公財)高知県観光コンベンション協会」